会社なんかに頼らずに自分の力で生きる力を得るための情報をお届けします

不況でも売れるもの

コロナウイルスのパンデミックで“世界恐慌”の到来が予想されています。

この記事を見ているということは、あなたは商売やアフィリエイトやせどり(転売)をやっているかもしれませんね。

 

このような状況下では、何が売れるか知りたいですか?

もちろんマスクとか除菌用品とか誰でもわかる話じゃあありません。

 

僕はリーマンショック時も営業マンとして大不況をモロに経験し、その乗り越え方も知っています。

その前のサブライムローン問題から既に不況は始まっていました。

 

この記事を読めば、あなたのビジネスが不況下でも低下しないヒントが得られます。

すべては僕自身の経験からお伝えする“実話”です。

 

破滅的危険が迫ると人間には“ある意識”が発生する

 

人間という生き物は危機に直面するとある防衛本能が発生します。

「変わらなきゃいけない」という意識です。

 

自分のいる世界に危機が迫り、それまでの生活が破壊されるかもしれない...。

そう思うと人間は、自分がそのままでは破滅するという防衛本能が発生するのです。

 

別の言い方をすればこれは「生存本能」の一種でもあります。

変わらなければ、迫りくる危機に飲み込まれて破滅する「恐怖」から逃れるためでもある。

 

人間のあらゆる感情の中で最も強いものは「恐怖」であり、

その「恐怖」を避けようとするのも「防衛本能」「生存本能」の一種なのです。

 

「恐怖」から避けるために、自分自身の「変化」・「変身」を意識する。

これは人間として当然の流れなのです。

 

「変化」という強い欲望

 

そうでなくても、大抵の人間は常に「変化」への願望は抱えているものです。

 

  • もっと金持ちになりたい
  • もっと美しくなりたい
  • もっと背が高くなりたい
  • もっと痩せたい
  • もっと頭が良くなりたい
  • もっといい家に住みたい
  • もっといい車がほしい
  • もっと上手になりたい
  • もっと成績を上げたい
  • もっと人から愛されたい

 

このような様々な「変化」への願望を抱えています。

よっぽど完璧な人間か、あらゆる煩悩を断ち切って悟り切った高僧でない限り、

このような感情と無縁ではいられません。

 

この、元々本来持っていた「変化」への願望が、今みたいに危機が迫っている時はより強くなる傾向があります。

危険というものが迫らないと、人間はなかなか「本気」になれません。

切羽詰まると慌てて行動し始めるのが人間という生き物。

 

では、現在のような世界的な不況が迫っている現状ではどうでしょうか?

特に日本は経済成長率ももう見込めないですし、少子高齢化の改善も絶望的な状況です。

消費税増税を断行し、外国人労働者をどんどん呼び寄せ、AIも発達する。

ましてや今回のコロナ問題でAIはますます重視されるようになりました。

 

このような状況で、あなたなら自分はどうならなきゃいけないと思いますか?

おそらく今以上の自分に「進化(変身)」しなければならないと感じるはず。

具体的に言ってしまえば、今のままの自分では今後到来する大不況で職を失う危機が迫っています。

まさに「今、そこにある危機」状態です。

 

ならば、それに備えて自己啓発をしたり、新しい知識やスキルを得たり、自分磨きで見た目の印象度をUPさせなければならない。

自分が「変わる(変身する)」ことで、解雇危機を回避したり、別の仕事へ転職する道が切り開けるからです。

この感情と行動原理が強い「需要(ニーズ)」を生むことになります。

 

「変化(変身)」したい人間が求めるものとは

 

「変わりたい」と思う時、何を求めるかを考えると、不況下で売れやすいものが見えてきます。

大きな括りで言えば「自分自身の成長に繋がるもの」ということです。

 

資格取得語学プログラミングを学ぶことなどはその典型例ですね。

自宅待機で時間が空いた社会人なら尚更でしょう。

 

それ以外にも、メンタル面の自己啓発も良いでしょう。

セールススキルや対人スキル向上に繋がる良書などをじっくり読み込める良い機会です。

そのような書籍を紹介すれば、普段とは全く違う売れ行きに驚くでしょう。

 

意外なところではアウトドア用品は今回も過去の不況時もかなり売れています。

アウトドアと自己成長って、あまり関係がないように思えますよね。

しかし、自然の中に入ると日頃の自分自身を見つめなおしてリセットができます。

今流行りの1人キャンプ(ゆるキャン)はそういう側面があるのです。

リセットしたその先には、新しい自分と出会えて人間的に少し高みに登ったことを実感できます。

 

とはいえ、コロナウイルスの蔓延で自宅待機や外出規制が続いている現状でもあります。

“素ごもり消費”を意識することも必要です。

「自分を変えたい」という感情は、肉体面にも大きく向けられます。

身体を鍛えたり、シェイプアップしたいと思うこともあるわけです。

 

その手段も、トレーニングジムやフィットネスジムを紹介するよりも、

自宅でできるトレーニングやエクササイズの器具DVD教材などが売れているわけです。

Amazonや楽天を見ていても、トレーニング関係の器具が2月くらいから極端に売れ始めています。

不安とか恐怖が迫ると、人間は不思議と身体を鍛えたくなるわけです。

 

一切の主観を配した「圧倒的客観的視点」で今の世の中を見てみると、

他にも「今のコロナ不況だからこそ売れる」ものは実はゴロゴロしています。

あなたが商売やビジネスをやっているのであれば、

“ピンチをチャンスに変える”発想でこの苦境を乗り切りましょう。

 

このブログでもこれから不況下でこそ稼げるものをどんどん紹介していきます。

実際確認した上で紹介しているので、かなり期待してもらって良いです。

自分の店舗での商売でも、アフィリエイトでも、せどり(転売)でも全てに活かせる視点・情報です。

 

 

今は大変な状況になってしまったけど、ここでどう動けるかがあなたの未来を大きく変えます。

ネガティブ情報に振り回されず、ポジティブ情報だけを取り入れて「変身」してみてください。

最短で月30万円をメルマガで稼ぐ無料動画はここをクリック