会社なんかに頼らずに自分の力で生きる力を得るための情報をお届けします

クラウドワークスの記事ライティングで月10万円を最短で稼ぐためには

クラウドワークスの記事ライティングで月10万円稼ぐことは初月からでも不可能ではありません。

中卒の僕でもできたくらいですから、あなたにできないわけがないのです。

 

クラウドワークスで月10万円稼ぐためには以下のどちらが確実でしょうか?(文字単価は同じとする)

  1. 短い文字数の文章を毎日2,3記事書く
  2. 1万文字前後の長文を3日に1つくらいのペースで作成して1つ1つの案件で大きく稼ぐ

上記のどちらが確実かあなたはわかりますか?

 

クラウドワークスで稼ぐためには「時間効率」をどれだけ高めるかがポイントです。

自分で記事を作成できる時間は限られています。

その限られた時間でどれだけの仕事ができるかで稼げる金額が全く違ってきます。

逆に言えば「どの案件を選べば短時間で大きく稼げるか?」を知らなければなりません。

 

 

ここでのポイントは記事ライティングで一番時間がかかるものは何かということです。

多くの人は長文を「時間がかかりそう」と嫌がりますが、

記事ライティングで時間がかかるポイントは文字数よりもリサーチです。

 

 

自分が全く知らないジャンルの記事を2000文字作成するのと、

自分が良く知っているジャンルの記事を1万文字作成するならどちらが早いか?

リサーチ力にも個人差があるので一概には言えませんが、大抵は後者でしょう。

 

毎日記事を2,3記事書くやり方だと、記事テーマが変わるたびに新たなリサーチの必要が出てきます。

作成する記事が多くなればなるほど、自分の不得意分野に当たる可能性も高まります。

リサーチすることが増えれば増えるほど作業時間は膨大に膨れ上がるのです。

 

ならば、なるべく自分の得意ジャンルに近いもので長文を作成することを考えた方が逆に効率的なのです。

「長文=時間がかかる」という思い込みで多くの人が作業効率を落としてしまっています。

わからないことも10分程度のリサーチで記事化できてしまうような天才でもない限り闇雲に記事に手を出さないことです。

1つの記事を作成した後は「燃え尽き症候群」が襲ってきて、なかなか次の記事に作成に移れないこともあります。

 

また、例え1記事内でも「商品比較」系の記事や「ランキング作成」系の記事は「地雷」案件です。

この手の記事は1つの記事内で複数の商品を調べなければならないので、リサーチ時間が何倍にも跳ね上がります。

特にランキング作成記事で10位までランキング(商品比較)をすることになったらもう大変。

10個の商品について詳細に調べなければならなくなります。

 

1つのテーマなら1つのことをリサーチするだけで済むものが、10のテーマを調べることになれば負担は10倍です。

「調べること」が多くなればなるほど記事作成には時間がかかるようになります。

案件探しの時に大事なのは「文字数」ではなく、「調べることが多いかどうか」を見極めることが大切です。

 

時間は有限です。

クライアントもほとんどは納品スピードを重視していて、納品スピードが遅いと容赦なく切られます。

初月から月10万円稼ぐためには「調べることが少ない」ジャンルで長文を積み重ねることが最短ルートです。

文字数だけに振り回されるのはやめましょう。

 

僕も初月に好きなマンガ作品のYouTube動画原稿を作成する案件に当たり、

求められる文字数は長文でしたが熟知している作品だったのでリサーチの必要がほとんどなく、

1回納品の度に数万円の報酬が入ったので、あっという間に10万円達成できました。

 

 

メルマガ無料教材

参加したら、講座だけ見て満足してないで、かならず“実践”してくださいね?

教えられた通りに作業すれば稼げるんですから、とにかく今すぐメルマガでお金を稼いでください!

↓(残り2名で終了!)↓